『英国アフタヌーンティー&お菓子』講談社 2011.9.28
[ 12 ] ■ 投稿日 2012年02月12日 (SUN) 16:18:30
[ FILE: at.jpg(126362 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
神奈川県湯河原で「ブリティッシュケーキハウス」を営む英国菓子研究家・小澤祐子さんとの共著。
イギリスではよく知られているけれど、日本ではまだ珍しい伝統的なお菓子の詳しい説明とともに、小澤さんのオリジナルを加えたレシピーや、英国菓子と相性のよいお茶も掲載。本場イギリスのおすすめティーハウスやアフタヌーンティーなどのご紹介もしています。

『イギリスのティーハウス』主婦の友社 2008.9
[ 11 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 16:39:41
[ FILE: 1012_book.jpg(15503 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
ロンドンをはじめカントリーサイドの愛すべきティーハウスを紹介した「イングランド---ティーハウスをめぐる旅」。刊行から10年近くたって、著者・小関由美さんが再び「今」のイギリスのティーハウスをめぐり、再評価がすすむ英国紅茶のあれこれをコラムとして交えながら、エッセイ集にまとめました。紅茶に欠かせないお菓子、ガーデンで楽しむティータイム、ロンドンで注目されているティーハウスなどなど、写真もたっぷり掲載していますから、眺めるだけでもイギリスを旅しているような気分を味わえます。前著を出したあとも何度も訪ねているティーハウス、できればもう一度、訪ねたいティーハウスなどは再録。ちょっとおしゃれなロンドンのティーショップから、いつまでも変わらない魅力のカントリーサイドのティーハウスまで、英国紅茶好きなら知っておきたい情報がしっかり詰まっています。

『英国コッツウォルズをぶらりと歩く』小学館 2008.4
[ 10 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 16:38:58
[ FILE: cots_cover.jpg(27120 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
美しい丘陵地帯で、イギリスでも人気のあるカントリーサイド、コッツウォルズ。
豊かな自然の中、パブやティールームに立ち寄ったり、そこに暮らす人々とのふれあいを楽しみながら歩きます。
そんな英国流ウォーキングの魅力をたっぷりとご紹介。

『イギリスでお茶を』主婦の友社2006.10
[ 9 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 09:44:36
[ FILE: img_20061001T091109421.jpg(41838 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
6年前にティーハウスの本を出したころに比べると、イギリスは今までにないグルメブームを迎え、 お茶事情も大きく変わってきています。しかし、「お茶」といえば、のんびりすごすためのキーワードなのは、変わりがありません。 よりよりティータイムを求めて、また旅に出てみました。(小関由美・本より)

「イングランド―― ティーハウスをめぐる旅」の著者が、ふたたびイギリスのティーハウスを楽しむ旅に出た! すばらしい風景に囲まれたコッツウォルズのティーハウスや、のんびりとしたデヴォン&コーンウォールのクリーム農場、ロンドンの老舗ホテルのアフタヌーンティー。はてはイギリス初の茶園や実力急上昇のワイナリー、本当においしい家庭料理まで、著者が目にし、味わったイギリスの魅力を存分に伝えるエッセイです。クロテッドクリームの製法やスコーンのレシピ、ホテルのアフタヌーンティーなど、決して変わることのない伝統的なイギリスに加え、カリスマシェフやワイナリー、新しいティールームのブームなど、変わりゆくイギリスの” いま”をヴィヴィッドに紹介しています。もちろん、 ふんだんな写真入りですから、のんびりと空想の旅に出るのにもぴったりです。(主婦の友社・担当編集者藤岡信代さん紹介文)

『イギリスでアンティーク雑貨を探す』 JTB 2001.4.10
[ 8 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 13:38:06
[ FILE: jtbbook.jpg(22288 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
小関由美のアンティーク最新本。 日本にもアンティークという言葉が浸透して、はや10年。 アンティークとは趣をやや異にするコレクタブルス=アンティーク雑貨への思いをこめて、 初めてタイトルに使ってみました。 バイヤーとして活躍していた時代の話から、最新コレクションまで、アンティーク雑貨あれこれ。 1600円

<目次>
§イギリスとアンティーク雑貨と私について
§英国最大のフェア、アーディングレイ&ニューアーク
§○×○
§コレクションの変遷、スタイルの不変
§アンティークも電脳世界へ
§うらやましいかぎりの究極コレクターズ・ワールド など

『イギリスでアンティークを買う』新潮OH文庫 2001.4.10
[ 7 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 13:36:48
[ FILE: shincho.jpg(18619 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
1997年にNTT出版より発売された単行本の文庫化。新しく撮影されたアンティークも掲載。 NTT出版の本が絶版となってしまった今、イギリスやアンティークのビギナーにおすすめの1冊ともいえましょう。 562円


<目次>
イギリス、滞在型旅のすすめ
アンティーク・ダイアリー
アンティーク入門講座
値段の話
ウォーキング・イン・ロンドン
偉大なる田舎−イギリス、カントリーサイドのすすめ
巡礼の道、カンタベリーを行く 

※新潮文庫版も2007年3月、絶版となりましたが、東京・ジェオグラフィカにてお買い求めいただけます。

またはこのウエブサイトより、べべズアンティークスまで、メールにてお問い合わせください。 通信販売もできます。

『ロンドンーおいしいものを探す旅』文化出版局 2001.3.25
[ 6 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 13:34:44
[ FILE: bunkabook.jpg(13876 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
ロンドンに住み暮らしたときからのおなじみの店、また取材のために出かけたモダンブリティッシュ・ レストラン、ガストロパブ、またはビール工場を訪ねての日帰り旅など、見ても読んでも楽しい、情報も満載の1冊。 1500円


<目次>
§ロンドン郊外、テムズ河上流、ハンプトンコート、サービトン
§チョーク・ファーム、プリムローズ・ヒル、ロンドン・ズー
§話題のモダン・ブリティッシュ、ガストロパブ
§インディアンいろいろ
§ロンドンのパブから、郊外のビール工場へーロンドン、サフォーク
§古きよき下町−ボロウ
§市場それぞれ

『アンティーク好きのイギリス・ノート』大和書房 1999.10.5
[ 5 ] ■ 投稿日 2009年01月03日 (THU) 10:55:14
[ FILE: daiwasyobo-yumikosekibook.jpg(10673 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
アンティークについて、イギリスについて・・・。エッセイを中心に、留学時代のことなどをふりかえり、 イギリスにかかわった10年間のできごとをまとめた1冊。 1800円


<目次>
§アール・デコ・フェア
§古着といえば・・・・
§もの好きが集めるもの?コレクターズ・アイテムについて
§ロンドン−買うことのできないアンティークめぐり
§イギリスの味、パブリック・ハウス
§チップス屋
§初めてのスコットランド
§ジャージー島に行きたい

『イングランド−ティーハウスをめぐる旅』文化出版局 1999.4.11
[ 4 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 13:33:16
[ FILE: item-book-bunka.tea.jpg(17005 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
イギリスに住み暮らしていたときに知った、ティーハウス。いわゆるカフェのようなものだが、 のんびりとお茶とケーキをたのしめる館のようなところ。イギリス各地のティーハウスをめぐって、 お茶とお菓子と旅をたのしむための1冊。 1500円


<目次>
§私のおすすめティーハウス−ニューエンズ、サリー・ランズ・ハウス、セント・エドワーズ・カフェ
§ロンドンからの小さな旅−デヴォン&コーンウォール、アイル・オブ・ワイト
§イングランドの伝統的なお菓子−メイズ・オブ・オナー、ルバーブパイ、バナナブレッド


※2007年3月、絶版となりました。

『ロンドンアンティーク物語 究極の贅沢版』共著・笹尾多恵
[ 3 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 09:51:43
[ FILE: item-book-tokyo3.jpg(26464 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
『ロンドンアンティーク物語』3部作の最終版です。
表紙にはアンティークの金糸(本物のゴールド入り)を使い、最後にふさわしい贅沢なものにしました。

※現在、品切れ中です。

『ちょっとグレードアップ ロンドン・アンティーク物語』共著:笹尾多恵
[ 2 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 13:29:52
[ FILE: item-book-tokyo2.jpg(24004 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
『ロンドン・アンティーク物語』のシリーズ第2弾。「写真で実物が見たい」との声にお答えして、 写真とイラストを入れてみました。「パイ・バード」やホーローもの(“キッチンツール”の項) など、 アンティーク雑貨の原点ともいえるものから、正統派アンティークまで、多岐にわたって ご紹介しています。 1500円


<目次>
§イギリスのコレクターズ・アイテム
§カントリーサイドのアンティーク・ショップ
§陶器をめぐる旅
§オールド・ボタン
§ウイリアム・モリス
§シガレット・カード&ノベルティ
§ニードルワーク・ツールズ

『ロンドン・アンティーク物語』共著:笹尾多恵
[ 1 ] ■ 投稿日 2009年01月01日 (THU) 13:41:08
[ FILE: item-book-tokyo1.jpg(23390 Byte) ]
Clickすると元画像が表示されます。
『ロンドン・アンティーク物語』のシリーズ第1弾。私が初めて出版した本です。絶版にならずに、 がんばっております。お求めの際は、なかなか本屋さんでは見当たりませんので、ご注文をお願いします。 1400円

※2004年12月、品切れとなりました。

<目次> §スージー・クーパー §ホニトン・レース §クロモス §イギリス刺繍 §アイリッシュ・ クロシェ §バター・スタンプ §ゴーリー


現在、掲載情報はここまで

PASSWORD
W_New SP v1.3 Script by YASUU!!